欲しがらない100人よりも欲しがる3人

あなたのネットショップの商品に全く興味の無い人100人に訪れてもらっても、ただアクセス数が増えるだけで、何の実益にもつながりません。
それよりも、数は3人でも多少なりとも商品に興味を持ってくれる人に訪れてもらうことのほうが絶対的に意味を持ちます。

・まさにその商品を探している人
・関連商品や類似商品を探している人
・モノは違うが同じ作用や同じ効果をもたらす商品を探している人

そんな人々をうまく導くようなキーワード対策を心掛けましょう。

[PR]
福岡のホームページ制作(HP作成)・ネットショップ制作(通販サイト制作)のことなら当制作会社へ…

2013-01-09

TO TOP