ロングテールの対策を図る

ロングテールとは、インターネット検索の話で言う場合、集客力の高いビッグキーワードでの上位表示対策を図るのではなく、
世の中で検索に使用される回数は少なくとも、多少なりとも良質なアクセスの見込みのある、
ありとあらゆるキーワードの上位表示対策を図ることを意味します。言うならば、「ちりもつもれば山となる」作戦です。

例えば、上記で出てきた2輪スケボーの話で言うと、

・バランスとるのが難しそう ・・・ 「スケボー バランス」
・子供にバランス感覚を身につけさせたい親御さん ・・・ 「バランス トレーニング」
・たしか、ブレイブなんとかっていう名前だった ・・・ 「ブレイブ スケボー」
・公園で遊べる何か良い道具ないかなぁ ・・・ 「公園 遊び道具」

なんとなく2輪スケボーを知っている人は勿論、まったくその存在を知らない人もターゲット視野に入れた、
ありとあらゆるロングテールのキーワード対策を図ることで、思わぬ良質なアクセス増を実現することも全くもって不可能ではありません。

固有名詞(商品名)だけでなく、関連商品・類似商品の名前、特徴、もたらされる効果、親御さん目線の検索などなど・・・
多方向からの視点でフルに発想を膨らませて発想してみましょう。

[PR]
福岡のホームページ制作(HP作成)・ネットショップ制作(通販サイト制作)のことなら当制作会社へ…

2013-01-09

TO TOP