問合せは減らし、注文を増やす

ネットショップ作成 福岡

あらゆるビジネスにおいて「問合せ」というのは、注文や成約へ繋がる第一歩であり、基本的には歓迎すべきことです。

しかし、業態や業種によっては、この「問合せ」がやみくもに増えても困る場合があります。
実は、どちらかと言えばネットショップという業態もそれにあてはまると言えるのです。

詳しく以下に述べていきたいと思います。

まず、単価の非常に大きい商品、例えば車などは、問合せもせずにいきなり購入してしまうような人は皆無でしょう。
(というか、そもそもネットショップで購入する人自体が少ないでしょう。)
また、物販ではない業種、例えばコンサルティングなども、問合せもせずにいきなり契約してしまう人はいないでしょう。
これらの業種や業態は、受注への第一歩として、まずは問合せをもらうことが重要であり、大歓迎であると言えます。

さて、ネットショップにおいてはどうでしょうか?
商品単価や商品の性質(オーダーメイド型etc)にもよりますが、
特に購入前の問合せなどは経ずに、いきなり正式注文するケースが少なくないのではないでしょうか?

ネットショップへの訪問者が増えると、それに比例して問合せも増えるものです。
無論、問合せが発生した以上は、丁寧に回答するのがネットショップの責任です。
ただ…問合せに1つ1つ対応するのは、かなりの労力と時間が割かれてしまいます。

問合せメールの対応よりも、注文メールの対応を数多くさばきたいというのがネットショップ側の本音ではないでしょうか?

先ほど、ネットショップにおいては、特に購入前の問合せなどは経ずに、いきなり正式注文するケースが少なくないと書きました。
つまりはこの「いきなり正式注文」の割合を高める努力が必要ということです。

例えば、Q&Aページを設けて、想定される問答を掲載することで、
問合せをせずとも、質問疑問をその場で解決してもらう方法が考えられます。
そのQ&Aページで解決しなかった場合は問合せをしてもらうという流れを作るわけです。

誤解されてしまうといけないのですが、とにかく問合せを減らせば良いというわけではありません。
肝心なのは問合せの質。

ちょっとネットショップを見てもらえばページに書いてあることや、
あまりにも漠然としたことを尋ねてくるような問合せは、購入の見込みが低いと考えられます。

一方、商品の具体的な質問や可能納期等を尋ねてくるような問合せは、「今すぐ客」「ホットな客」と判断できるでしょう。

後者のような、質の高い(見込みの高い)問合せについては、言うまでもなく大歓迎です。

[PR]
福岡のホームページ制作(HP作成)・ネットショップ制作(通販サイト制作)のことなら当制作会社へ…

2013-02-06

TO TOP