頭の中に粘りつくキャッチコピーを考える

ネットショップ作成 福岡

あなたのネットショップ自慢の商品の魅力を一言で表すキャッチコピーを考えましょう。

キャッチコピーというからには、見込み客の心をぐっとキャッチできるような印象強いものであることが大切です。

そのためには、まず長すぎてはいけません。
長ければ長いほど、覚えにくく印象に残らないからです。
実際、世の中にある良いキャッチコピーというものは、コンパクトで短いものがほとんどです。

そして、一度キャッチコピーを作ったら、
ありとあらゆるシーンで繰り返し露出させ、見込み客の記憶に刷り込んでしまいましょう。

ネットショップのヘッダーやページ内の適所、配信しているメールマガジンのタイトルや本文、発送商品の同梱文書etc…
露出させられるところはいくらでもあります。
なんとなく覚えてもらうのではなく、コアなリピーターになってもらうためにも、
「頭の中に粘りつく」、そんなキャッチコピーの刷り込みを図りましょう。

さて、キャッチコピーの発想方法(コピーライティング)の詳細については、書籍等に委ねたいと思いますが、
とにかく言えることは、ありきたりの表現では駄目だということ。

大げさすぎるほど大げさに、お得感が出るように、限定感が出るように、本音の悩みに答えるように…
たくさん案出しをして、強烈なインパクトを持つキャッチコピーを生み出してください。

[PR]
福岡のホームページ制作(HP作成)・ネットショップ制作(通販サイト制作)のことなら当制作会社へ…

2013-02-03

TO TOP