Archive for the ‘4.インターネット広告で集客を図る’ Category

補完的な集客対策として利用するのが理想

2013-01-10

Yahoo!リスティング広告やGoogleアドワーズ等のPPC広告(Pay Per Click広告:クリックに応じて課金される広告) に代表されるインターネット広告。

PPC広告は、ユーザーが検索したキーワードに応じて、どのような広告内容を検索結果画面に表示させるかを自由に設定することができます。
また、クリック数に応じた広告費用しか徴収されず、しかも、例えば1日の広告費の上限等を設定できるので、必要最小限の予算で集客に役立てることが可能です。

広告に頼らず検索エンジンでの自然検索で十分な集客を図れることが何よりであることは言うまでもありません。

しかし、それでは不十分な場合や、ホームページの内部対策ではフォローできていないキーワードでの集客等、
補完的な集客対策として利用するといったスタンスがちょうど良いかもしれません。勿論、予算が有り余って仕方がないといった場合、話は別ですが(笑)。

[PR]
福岡のホームページ制作(HP作成)・ネットショップ制作(通販サイト制作)のことなら当制作会社へ…

効果的な広告文を模索する

2013-01-10

思わずクリックして飛んでみたくなる広告文とはどのようなものでしょうか?

ネットショップ運営サイド目線の発想から脱しないかぎり、最適な広告文を生み出すことはまず不可能です。
見込み客の気持ちになって考えることが近道と言えます。
加えて、誰にとっても何となく魅力のある広告文よりも、ターゲットを絞った広告文のほうが、
数は少なくとも見込みの高いユーザーを集めることができ、結果的に広告費の削減にもつながります。

また、当然ながら、クリック率を高めようと、ありもしないことを広告文に謳っても意味がありません。
広告文に惹かれてそのネットショップに飛んでみたのに、全く違う内容であれば、注文してくれるはずありませんよね?
それどころか、マイナスイメージだけを抱いて立ち去ってしまうのがオチです。

クリック率を高めるのも大事ですが、もっと大事なのはコンバージョン率、つまり、実際に購入まで至る率を高めることのはずです。

[PR]
福岡のホームページ制作(HP作成)・ネットショップ制作(通販サイト制作)のことなら当制作会社へ…

すぐに集客を図れるというメリット

2013-01-10

PPC広告の大きな特徴の一つは、言葉が悪いかもしれませんが、お金さえ出せばすぐに出稿が開始され集客を図れるということです。

前にも書いた通り、PPC広告等のインターネット広告に頼らず検索エンジンでの自然検索で十分な集客を図れることが何よりであることは言うまでもありません。
しかしその場合でも、ネットショップ上で例えば、話題になりつつある何か新しい商品の取り扱いを開始した時に、
ネットショップ上での告知では不十分ということもあります。

仮に、ネットショップ上でその商品のスペシャルページ的なものをアップした場合でも、検索エンジンへの反映は若干のタイムラグが生じますし、
そもそも、いざ反映されたときに、狙い通りの検索キーワードで狙い通りの検索順位につくことができるかどうかは、やってみないと分かりません。

そんなとき、PPC広告が有効です。
PPC広告は、ユーザーが検索したキーワードに応じて、どのような広告内容を検索結果画面に表示させるかを自由に設定することができるので、
予算さえかけられれば、いつでもすぐにその新商品のプロモーションができます。

今の時代、ネットショップ業界に限らず、ビジネスはスピードが命です。やるべきことはやっておくという姿勢が必要です。
トライ&エラーを積極的に繰り返しましょう。やらないリスクが何よりも高いのですから。

[PR]
福岡のホームページ制作(HP作成)・ネットショップ制作(通販サイト制作)のことなら当制作会社へ…

TO TOP