不動産鑑定事務所「九州不動産コンサルタント」 田口 浩二

taguchi1
まずは、簡単に自己紹介をお願いします。

趣味はトライアスロンの基礎体力づくり(水泳・自転車・ラン・散歩を少々)、県外出張(月に1~2回は温泉に行くか各地のうまかもんを食べる)、海外視察(年に1回はアジアを中心に街並みと不動産を見て廻る)。趣味と仕事がちょっと似ているのかもしれませんね。

不動産鑑定士を目指したキッカケとは?

前職の銀行員時代に不動産関連部門に所属し「宅地建物取引主任者」の資格を取得。九州へのUターンを機に独立開業を目指し「不動産鑑定士」の資格を取得しました。

福岡という地で開業された理由は?

開業は出身地の長崎も考えましたが、九州経済の中心である福岡の方がビジネスチャンスが多いはず。都会でなんでもあり、ちょっと田舎な面もあり、暮らしやすい街ですね。

主にどのような不動産鑑定業務をなさっていますか?

金融機関、不動産会社、官公庁などの不動産鑑定評価業務が中心です。不動産を費用性、市場性、収益性などの面から総合的に分析し評価します。不動産鑑定は一般個人の方には馴染みがないと思いますが、住宅ローンの担保評価をより詳しくしたようなイメージでしょうか?

普段の業務にあたって心がけていることは?

「お客様第1主義」
お客様を第1に考え御要望に親切・迅速に応えることを心がけています。

思い出深いエピソードがあれば教えてください。

北海道の不動産評価案件で、年末のため誰も行く人がいないとのことで依頼を受け、オホーツクの海沿い網走まで出張。積雪2mの猛吹雪なかを悪戦苦闘し、3日で終わりそうな仕事が5日かかり大晦日前になんとか生きて帰れました。とても辛かったですが、どこでへでも出張できる力がつきましたね。

今後の展望をお聞かせください。

不動産鑑定評価に関連して、不動産投資・経営に係るコンサルタント業務に力を入れていきたいと思います。

その他、閲覧者に伝えたい点がございましたら…

九州の不動産関連でちょっとでも困ったことがあれば、是非お気軽に相談して下さい。

不動産鑑定事務所「九州不動産コンサルタント」公式ホームページ >>